2013年1月6日日曜日

3D Printerで作れるもの


Urbee 

Urbeeでは、電気自動車のボティーを3D Printerで作成している。Stratasys社の協力で、FDMの方式でボディを作成している。



Formula GroupT



レース用の電気自動車 "Areion"のパーツやボディを3D Printerで作成している。Materialise社が、Gold Sponsorとなり、SLAでパーツやボティを造形している。

"Areion"は、141km/hの速度で走る事ができる。3D Printには3週間程度の時間を要したとの事。


Nasa 次世代火星探索車 Rover

Nasaの次世代の火星探索車のRoverも、パーツを3D Printerで試作している。Stratasys社のFDM式の3D Printerが使われているとの事。


フルサイズのバイク模型

Autodeskがデモ用に作成したのがフルサイズのバイク模型。Stratasys社の協力で作られている。FDM式の3D Printerで作成。



ナイロン製自転車

ヨーロッパのエアバスを親会社に持つEuropean Areospace and Defence group (EADS) では、ナイロン製自転車を試作している。粉末のパウダーをレーザーで溶解して造形している。


ロボット InMoov

オープンソースハードウェアロボット InMoovのパーツは、3D Printerで作られている。パーツを細かくわかる事で、FDMの方式の3D Printerで部品は造形されている。


エレキギター





サウスカルフォルニア大学のCounter Craftingプロジェクト。20時間で1件の家を作ってしまうそうだ。





0 件のコメント:

コメントを投稿